いつまでも観ていたい夢の景色

動き続けた長針と短針

GR8EST in Taipei オフィシャルツアー申込からの初海外遠征を振り返る

f:id:ren_sst:20191202185943j:plain

タイトルの通り、GR8ESTin台北 のオフィシャルツアー当選から

初海外になった海外遠征(&旅行)をざっくり振り返ってみようと思います。

 

正直、ツアー当落発表されてからパスポートを取得しても間に合うのか。

お金はどこで買えたらいいのか。

そもそも何が必要?

 

ということが何もわからず、あちこち調べたりしたので

折角なのでそのメモをもとに振り返ってみたいと思います。

 

※2019.9.22のコンサート準備のためのメモのためその時点の情報となっています。

 

GR8EST in 台北 振り返り

2018.7.6 GR8EST inTaipei オフィシャルツアーパック当落

 当選メールに個人情報を入れるマイページあり。

 そのままクレジットの場合はクレジット決済へ。

2018.7.13 当選したツアー入金①〆

2018.7.17 パスポート申請を行う。

2018.7.23 オフィシャルツアー参加者限定の台湾ツアーグッズネット販売のお知らせが届く&販売開始される

2018.7.24 渡航案内書と必要書類が届く。

2018.7月下旬 パスポート発行

2018.8.10 ツアー料金入金〆②

2018.9.9 オフィシャルツアーのしおりが届く

2018.9.15 インターネットで購入した台湾ツアーグッズが届く

2018.9.21 新千歳空港 発の便で台湾へ。出国。

2018.9.22 GR8ESTinTaipei 参戦

2018.9.23 台湾の空港 発の便で新千歳空港へ。帰国。

 

当落から遠征までのざっくりとした日程ではありますが

こんな感じでした。

思ったこと(主に反省点)

初海外コンサート。ということもあり、正直当たんないだろう。と思って

事前に下調べをしておらず、さらには(個人的には)当落日は会社の飲み会だったこともあり1次会が終わった後にこっそりメールをみて「?????!!!」と頭にはてなやら何やらが浮かんでいました。

なのでその翌日から下調べを開始。

 

●パスポート

・パスポートを取るには戸籍謄本が必要

・パスポートを申請するための機関の営業時間がはやめに閉まってしまう。

 

このおかげでパスポートに関してはぎりぎりだった記憶があります。

「戸籍謄本が必要」常識かもしれませんが、恥ずかしい話戸籍謄本ってほとんど使わないのですっかり忘れていて当落日の翌営業日に「パスポート取りに行こうかな。営業時間何時までだろ」と気楽に調べると戸籍謄本が必要となりとても焦りました。

 

Wi-fi

流石に海外でインターネットが使えないのは何かあったときに怖い!と思い契約。

こちらは新千歳空港で受け取りが出来たので申込は9.12に行いました。

探せば色々なところにクーポンがあったのと、たまたま利用しているキャリア(au)で海外通信1日利用無料キャンペーンが行われていたので、よく使うと思われる日はauを使おうと思っていたためデータ量は一番少ないものにて契約。

 

●両替

一番困ったのがこちら。

この場合、北海道在住のためどこで両替していいか考え始めたのが9月入ってからということもあって悩みに悩んで9.10ごろに両替にいったところ両替店舗と利用クレジットカードの相性が悪くて後日再度行くことに。

結果、無事両替が終わったのが9.20と遠征前日だったので今後は気を付けよう。とおもったのですが、

オフィシャルツアーには現地で両替するには、ホテルチェックイン後ホテルで行うまでできません。となっていましたが現地添乗員の方が両替できるよー。とホテルへ向かうバスの中でおっしゃっていたので(しかも自分が両替した時より添乗員さんのほうがレート良かった)もしかしたらそっちにかけてみてもいいのかな。とも思います。

※ただ、添乗員さんよりけりだと思いますのでレートや両替有無については何も保証でいません。

 

●海外保険

海外保険についてはクレジットカードを利用しました。

海外保険加入してもよかったんですけど、クレジットカードにも付帯されているのと

オフィシャルツアーだったので刊行する時間もそんなにないしコンサート会場までの移動手段も出たので。という個人的考えです。

(といいつついざ行くと当日同じ便に乗っていたお隣のお姉さんと小籠包食べに行ったり、焼き肉食べに行ったり、マッサージしてもらったりしてがっつり観光していましたが…)

ツアー料金お支払いをクレジット利用することで付帯してくれるクレジットカードで決済。(こちらは完全に偶然決済することで保険適用してくれるカードを持っていたため利用)

※こちらはクレジット決済する前に

・海外保険適用クレジットカードか

・何を決済すれば対象になるのか

・保険内容

などなどクレジットカードによりそれぞれ異なると思いますので

確認してみてください。

 

そして、別途用意したのが「エポスカード

こちらは持っているだけでも海外保険が付くということだったので

慌てて申し込みました。

「海外保険自動付帯」というのがとても魅力的でとりあえず持っているだけで安心。

が欲しかったのでこちらにしました。

 

www.eposcard.co.jp

 

 

オフィシャルツアーによって日程の間隔などは異なるとは思いますが

少しでも誰かの参考になっていれば幸いです。

 

是非とも旅行&遠征 楽しんできてください。

 

 

荷物編はまた後日書ければいいなと思ってます。

 

 

 f:id:ren_sst:20191202185857j:plain